普段自宅でパソコンを利用はしていますが、サーバーと言うのはヘビーユーザーや会社が使っているという感じがします。

PCのメモリ不足はレンタルサーバーで解決

PCのメモリ不足はレンタルサーバーで解決

パソコンとサーバーって何が違うの?

普段、自宅や仕事場でパソコンを利用するこ事は当たり前の様になっていますが、その中でサーバーと言う言葉を最近はよく耳にします。パソコンとサーバーって何が違ってどんな関わりがあるのだろう?とふと疑問に思いました。単純に思い浮かんだのは、「サーバーには色んなパソコンがアクセスしてて、その容量がパンパンになると、そのサーバーのネットワーク上に存在する、パソコンの動作が遅くなる」と言う事でした。なので、仕事をしている時に、「サーバーの調子が悪いから、PCの動作が悪い状態になっている」なんて会話をよく耳にしていたように思えます。実際はどうなのでしょうか?

実際に調べてみたところ、思っていったところは少しあたってた部分もあったようですが、サーバーと言うのは、やはりあるネットワーク上で繋がった複数のパソコンに、ファイルデータなどの提供や閲覧を可能にする事が出来るコンピュータやプログラムの事を言うようです。そう考えると、確かに、同じオフィス内に居なくても、遠隔地でネットワーク上で繋がってれば、サーバーを経由して、データの受け渡しが出来ますし、閲覧をすることも可能です。仕事をしている場合だと、本社と支店など、離れた場所でも情報を共有する事が出来るのは、このサーバーのおかげと言う事になりますね。非常に便利なシステムです。

ただ、いくら決まったネットワーク上でしかそのデータの閲覧や受け渡しが出来ないといっても、現在ではハッキングなどと言った犯罪行為もありますし、業界によっては24時間フル稼働になってしまう事も多く、その耐久性とセキュリティー性の向上は課題になっているのだろうと思います。大容量のサーバーでも、やはり一気にかなりの数のパソコンがサーバーへのアクセスを行ったり、大きなデータをサーバー上のファイルに載せてしまった場合、そこに繋がっているパソコンの動作はやはり鈍くなってしまうこともあるそうです。ハッキング等を防止するためにはセキュリティーシステムの構築が必要ですし、動作環境をよくするためには、サーバーの容量を増やしたり、載せるデータの容量も考えないといけないんですね。開発や管理するほうは、難しくて大変な仕事をしているんだなと感じました。
お薦めサイト